PC344 肥薩おれんじ鉄道 パート2

列車番号:8313D
収録区間・時刻:出水 15:27 → 17:18 鹿児島中央
乗車車両:HSOR-105
撮影年月:2008年9月6日
収録合計:約2時間

鹿児島本線の八代ー川内間は2004年3月の九州新幹線(新八代ー鹿児島中央)開業とともにJRから第三セクターに転換され、肥薩おれんじ鉄道としてスタートしました。
本作品では2008年春に登場した土日休日のみ運転のJR線直通快速列車2列車を乗り継いで、熊本から鹿児島中央までの区間を走破する構成です。
パート2は快速「オーシャンライナーさつま」で出水から鹿児島中央までの収録。新幹線の開業ですっかり駅構内のイメージが変わった出水から、次の新幹線停車駅、川内までが肥薩おれんじ鉄道線です。
この区間はパート1と同様に古くは昭和40年代前半のSL時代から撮影名所として有名な路線で、海岸線の風景を見ながらローカルムードをお楽しみいただけるところですが、川内を過ぎてJR線に入ると徐々に鹿児島の都市近郊路線としての風景に変化する興味深い作品です。
パシナ作品では新幹線開業以前の特急「つばめ」も記録していますので、是非見比べていただき、鉄道文化の変遷をご確認いただける構成です。
型番 PC344D
定価 4,200円(内税)
在庫状況 完売
購入数
Soldout