PC252 紅葉の秋田内陸縦貫鉄道 急行もりよし

秋田県の第3セクター鉄道、秋田内陸縦貫鉄道に1日1往復のみ走っている急行列車「もりよし号」に乗車して撮影した前面展望作品。
紅葉の時期を迎えた秋田の山の中を軽快に進む列車の旅を収録しています。
秋田内陸縦貫鉄道線は、旧国鉄の角館線(角館ー松葉)と阿仁号線(鷹巣ー比立内)の2つの線を転換した路線ですが、昭和60年に松葉と比立内を結ぶ新路線を開通させ、全長94キロに及ぶ長大路線となった鉄道です。
このため、建設年代の違いにより、線路の形状が区間によって異なり、コンクリートの高架線を走ったかと思えば、線路に雑草が茂るローカル線になったりと、前面展望としても面白い路線です。
マタギの里と呼ばれる山奥の部落を通る急行列車の旅をお楽しみください。
型番 PC252D
定価 4,200円(内税)
在庫状況 完売
購入数
Soldout